◆市街戦。物陰に隠れて生き残れると思っていないだろうか?

NO IMAGE

日本はすでに第二次世界大戦以降、約70年に渡って国内が戦争に巻き込まれていない。東京大空襲も、広島・長崎の原爆も、もうほとんどの人間が知らない。

だから、国内が戦乱状態になり、銃撃戦やロケットランチャーや戦車の攻撃や空爆でどのようになってしまうのか、あまり想像力が働かない。

そもそも、体験したことがないのだから、建物がどのように破壊されてしまうかも知らないし、激しい市街戦の嵐が過ぎ去った後、どのような光景になっているのかも知らない。

だから、戦争が起きると、どうなるのかということが何も分からない。

しかし、今はインターネット時代だ。戦争が起きると、街がどうなるのか、まさにリアルタイムで知ることができる。

現在、激しい市街戦の舞台になっている国がある。2年間も内戦が続くこの国が、いったいどうなってしまっているのかを、確認してみて欲しい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事