◆黒人ハーフの女性には、惹かれながらも深入りしたくない

◆黒人ハーフの女性には、惹かれながらも深入りしたくない

タイ編
体力と好奇心は、もしかしたら連動しているのかもしれないと思うときがある。体力があるときは、街を歩いていても好奇心で満ち溢れていく。まるで街の喧騒が、自分の中に流れ込んで来るような気持ちになる。

街の光景、喧噪、風、そしてすれ違う女性のすべてに関心が向いて、いろんな感情が渦巻いて自分の心を埋め尽くしていく。それが当たり前だった。

体力を失うと、同じように街を歩いていても、街の躍動が心に飛び込んで来ない。確かに目を開けて街の光景を見ているはずなのだが、それに対して何か好奇心が刺激されるような躍動感がなくなる。

体力がなくなると、疲労感が全身に回って、好奇心を覚えるどころの余裕がなくなってしまうのだ。だから、体力と好奇心は連動しているのだろうと気づく。

そんな私に好奇心を覚えさせるとすれば、それはかなり変わった「何か」だ。ナームと言う名のその女性は、まさに変わっていた。彼女はタイ女性だったが、外観はそうではなかった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

タイ編カテゴリの最新記事