◆ドラッグとセックスに狂ったミック・ジャガーは未だに現役だ

NO IMAGE

私たちのまわりには、結構な量のアルコールを飲み、たばこを吸い、夜更かしして暮らしているのに、健康を気をつけている人よりも体力も気力もある人がいる。

歳を取ったら一気にガタガタになると言われながら、年を取ってもタバコをふかしてニヤリと笑っている老人も多い。

これは例外中の例外なのだろうか? それとも、どこにでもある現象なのだろうか?

アルコールでも、毎晩深酔いしている人が、朝になったら何事もなく会社に行って仕事をしているという人もいる。

そもそも、あなたがそうなのかもしれないし、あなたの隣の人や、あなたの家族の誰かがそうかもしれない。「真面目なアルコール依存者」は、まったく珍しくない。

ではドラッグはどうなのだろうか。さすがに、ドラッグ依存者が長期に渡ってドラッグと折り合えるはずがないと私たちは思う。そうすると、こんな例を出す人がいる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事