◆売春女性への嫌悪が大量殺人に結びつく動きは止まらない

NO IMAGE

閲覧注意
売春女性を嫌う人は多い。どこの国でもそうだ。彼女たちは社会の底辺にいる。そして、いつも闇に立っていて薄気味悪いと思われる。

何にしても、彼女たちは不特定多数の男たちとセックスをして不道徳だ。教育もない。性病まみれだ。派手な格好をして嬌声を上げる。麻薬に溺れ、酒に溺れ、風紀を乱し、粗暴で、享楽的だ……。

表社会の人たちが彼女たちを嫌う理由は、それこそ山ほどあって、その嫌悪感はアンダーグラウンドに生きている人間には窺い知れないほどの強い感情がある。

表社会の人たちが彼女たちを嫌うのは、まさに彼女たちがやってはいけないとされているタブーや、なりたくないと思われている人間像のすべてを具現化しているからでもある。

そして、そういった売春女性に対する憎悪は、「社会のクズなら殺してもいい」「あの女たちを殺すのはゴミを片付けるのと同じだ」という犯罪の正当化にもなっていく。

売春女性への嫌悪は、往々にして大量殺人に結びつく。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net