◆危険で異常な精神病質者が、あなたの隣にいるかもしれない

NO IMAGE

閲覧注意
売春女性を激しく憎みながらも、売春女性だけを狙って数十人も殺し続けていた男がいる。ロバート・ピックトンだ。(娼婦49人殺しロバート・ピックトン。典型的な死体加虐者

この男はカナダ人だったが、同じくカナダでルーカ・マグノッタという、バラバラ殺人を犯したゲイの事件があった。(ルーカ・マグノッタ。死体損壊をしていたカナダのポルノ男優

彼らは殺人と加虐行為で性欲を感じていることが見て取れるのだが、私たちはこのような状況の中で性欲を感じない。

しかし、ロバート・ピックトンにせよ、ルーカ・マグノッタにせよ、サディスティックを超える絶対的な暴力の中で性欲を感じて死姦を行っている。まぎれもなく異常者だ。

ところで、彼らの年齢を見て欲しい。ロバート・ピックトンが逮捕されたのは55歳のときだった。ルーカ・マグノッタが逮捕されたのは29歳のときだった。

というと、その歳になるまで、彼らは世間を自由に泳いでいたということになる。明らかな異常者が、その年齢になるまで、ずっと表社会にいた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事