◆レイプ殺害の裏にある女性のモノ化と、その奥にある心理

NO IMAGE

閲覧注意
レイプで殺された多くの女性たちの悲惨な姿を見ていると、大きく浮かび上がって来るのは、女性を「モノ化」していることである。

以前、レイプ殺害された女性は、往々にして陰部に棒状の物を突き刺されて発見されることは書いた。(レイプして殺した女性の死体をさらに貶める男の女性憎悪

それは、根底に憎悪があって、その憎悪が死んだ女性をさらに貶めるために行われている。その過程で、女性は「モノ化」されていく。

女性をレイプする、女性を殺す、女性の遺体を貶める。

そのような行為をする際、加害者である男は、相手の女性に感情があることを脳裏から消し去る。彼女に細々した日常や、人生や、生活があったことを脳裏から消し去る。

最初からそのようなことに思い至らない男もいれば、意図的に考えない男もいれば、憎悪で弾け飛んでいる男もいる。そして、どうなるのか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事