◆猿ぐつわを噛まされレイプ、最後にはゴミ処理された女性

NO IMAGE

閲覧注意
メキシコのアカプルコやフアレス、ブラジルのリオデジャネイロ、ホンジュラスのサンペドロスーラは、観光でも仕事でも、絶対に訪れてはいけない場所であると言われている。

戦争地区を除いても、これらの地区は世界で最も治安の悪い都市であるからである。(殺人・レイプの横行する危険都市10位は、中南米の都市ばかり

これらの都市には共に3つの共通点がある。

(1)麻薬が蔓延していること。
(2)武器が蔓延していること。
(3)貧困が蔓延していること。

この3つが重なると、史上最悪の暴力都市となる。暴力都市になるとどうなるのかというと、「男は殺される確率が高まり」「女性はレイプされる確率が高まる」ということである。

マフィアが街を流し、警察権力が汚職で腐敗していると、完全なる無法地帯が誕生する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事