◆ストーキング。付きまとわれても、誰も助けてくれない犯罪

NO IMAGE

インドに行くと、多くの観光客が必ず悩まされるのがストーキング(付きまとい)だ。

物乞いたちに、押し売りたちに、ポン引きに、あるいはなぜか見知らぬ人間に、1時間も2時間も、場合によっては数日に渡ってストーキングされる。

無視しても、逃げても、怒っても、何をしても無駄だ。

私はムンバイでそんなポン引きの男に執拗に付きまとわれたことがあったが、今でもその必死の形相をした男の顔を覚えている。(彼らに付きまとわれたら最後、地獄の底まで追いかけられる

この男は特別だったが、そうでなくても、インドでは執拗なストーキングが多い。

毎日、手を変え、品を変え、誰かにストーキングされるのがインドだと思っても、あながち間違っていない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net