◆「詐欺に騙されない」と言い切る自信は、私にはまったくない

NO IMAGE

あなたはカネをタカられて盗られたり、知らない間に盗まれていたり、詐欺に遭ったりしたことはあるだろうか。

私は日本では一度も騙されたことはないが、海外に出ると、毎度のごとく小金をタカられ、盗まれ、ありとあらゆる手口に引っ掛かってきた。

治安の悪い真夜中をさまよっていることや、スラムにいることや、もともと国全体の治安が崩壊しているような場所にいることもあって仕方がないのだが、それにしても呆れるほど、カネを無駄に失ってきたのも事実だ。

それでも私が致命傷を負っていないのは、実はもうかなり早い段階から「盗まれることを前提に準備する」ことを徹底しているからだ。

カネを分散して持っており、ホテルでも巧妙に隠すので、たとえ身ぐるみ剥がされても小金で済む。

ポケットの一箇所をスラれても、どうせ大した金額でもないので、まったく痛くも痒くもないようにしている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事