◆今後、「性交同意年齢が13歳」であることが凄まじく危険になる理由とは?

◆今後、「性交同意年齢が13歳」であることが凄まじく危険になる理由とは?

立憲民主党の衆院議員・本多平直《ほんだ・ひらなお》が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と言って炎上している。

その後も、「12歳と20歳代でも真剣な恋愛がある」とか「日本の『性交同意年齢』は他国と比べて低くない」と発言していた。また「歳の離れた成人と中学生の子供にも真剣な恋愛関係はありうる」とも主張していた。

これは、「性犯罪刑法改正のワーキングチーム」の中で行われた発言である。

本多平直の釈明では「人を処罰する法律なので、例外や本来は想像できないような限界事例をどう考えるか、幅広い緻密な検討をしたいと考えていた」ということであるが、この会議の中で本多平直は「性交同意年齢の引き上げ」について強く反対していた。

そのため、世間では「もしかしたら本多平直は自分が14歳の少女と性交したいのか?」と捉えたのだった。それで、本多平直は袋叩きになった。

実のところ、世の中には年端《としは》のいかない少女に性欲を感じる異常な男たちが大勢いて、世界中でいろんな事件を起こしている。

ブラックアジアでも、こうした危険極まる犯罪者たちを大勢取り上げてきた。(ブラックアジア:ロリコンたちの群れ

今、少女を巡る環境は「表社会の人々が考えている以上に危険な事態」になっており、それを踏まえると、私は毅然としてこのように主張したい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

ロリコンカテゴリの最新記事