◆昏睡レイプ。女性はこれを警戒しないと一生の地獄になる

NO IMAGE

2012年、アメリカの司法省は、「レイプの定義」を改訂したことをご存知だろうか。

実は、2001年から女性団体がずっと採用するようにアメリカ司法省に訴えていたものが取り入れられたものだが、この改訂の注目すべき点が1つある。

それは、「薬物によって女性が意識を失っている場合のレイプも、どんな軽微なものであってもそれらをすべてレイプとして見なす」というものだ。

女性に意識を失わせて性行為をするというのは、泣き寝入りレイプの最たるものである。日本でも、最も多いレイプは夜道で女性を襲ってレイプするものではない。

友人や同僚が、女性にアルコールをどんどん飲ませて意識を混濁させたり、寝かせてから、ホテルに連れ込んでレイプするというものなのである。

これは、いつの時代でも、男たちの間では「女性の身体をモノにする」ための基本中の基本となっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net