◆少女を狙っているのはロリコンばかりではないという現実

NO IMAGE

世界中で10歳未満の少女がレイプされて殺されている。

世の中には少女を見て発情するペドフィリアと呼ばれる男たちがいて、こういった男たちが事件を起こしている。

ペドフィリアとは、「13歳以下の小児との性行為に関する性興奮を空想、性的衝動、または性行為を繰り返したことがある」ような人間であると言われている。

成熟した女性には目もくれないで、子供に欲情する男たちは実際に山ほどいる。

現在、ブラジルが少女売春のメッカになっており、それこそ10代以下の少女が売春していることに問題が起きている。(9歳の少女が売春する、ブラジルの「地獄のハイウェイ」

しかし、世界中で少女が公然と売られている現場はブラジルだけではなく、アフリカでも東南アジアでも、どこでも「普通」に見かける。

荒んだ売春地帯を見たことがない人は信じられないかもしれないが、子供を買う男は普通の人が想像している以上に多い。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事