◆「めった刺し」という狂気の殺人を引き起こす恨みの感情

NO IMAGE

閲覧注意
人間関係は壊れることもある。それも、ほんの些細なことで、壊れてしまう。

誰でも感情のもつれを経験し、誰でも他人と衝突し、誰でも恨みを買う。

恨みを買いやすい性格、買いにくい性格という違いはあるのだが、恨みを買いにくい性格の人は絶対に誰かに恨まれることはないのかと言われれば、まったくそんなことはない。

美しい女性は、ただ存在するだけで、嫉妬を買い、誰かに恨まれることもあるという。彼女が何もしなくても、まわりの男をみんな惹きつけてしまい、それが元で女性たちの恨みを買うというようなことは日常茶飯事である。

そして、時にはそのような恨みが激しい暴力となって噴出し、凄惨な殺人事件になっていくこともある。

恨みを買って、拷問のような暴力を受けて殺されてしまった女性の遺体は凄惨だ。なぜなら、恨みが肉体に刻まれるからである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事