◆実際には醜くないのに醜いと思い込んでしまう女性がいる

NO IMAGE

男女問わず、100人に1人がかかっている精神的な障害があるという。それは、「身体醜形障害」というものだ。これはいったいどのようなものなのか。あなたは、このように考えたことはないだろうか。

「自分の顔は醜い」
「自分は容姿が良くない」

世の中には端正で美しい顔立ち、恵まれた容姿を持った人たちがいる。そういった人たちは、いつもちやほやされて注目の的になる。

「そんな人たちがいるのに、自分はいったいどうなのか。まったく美しくない……」

端から見ると、それほどひどい顔立ちでもなく、深く気に病むような顔や身体ではないにも関わらず、自分の容姿の欠陥が頭から離れず、深く思い悩む。こういった人が「身体醜形障害」を持った人であるという。

確かに、こういった人たちはいる。女性に多い。醜くないのに、醜いと思い込んでいるのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net