◆人は同質で固まるという性質があり、それが分離を生み出す

NO IMAGE

アメリカの理想は「人種差別のない平等国家」なのだが、その理想はなかなか実現できない。白人と黒人の対立は、未だに起きている。

同じアメリカにいながら、白人と黒人は住む場所も違い、文化も違い、話す英語も違う。確かに一部では人種を越えて一緒になる人たちもいるのだが、大部分は同じ人種同士で結婚し、未だにそれが当たり前になっている。

本当ならば、すでにアメリカでは白人と黒人がぐちゃぐちゃに混じって、混血児だらけになっていなければならないと考える人もいる。しかし、そのような状況になっていない。

それは、「差別の結果」だと短絡的に考える人もいるかもしれないが、本当は差別感情ではないのかもしれない。

人間というのは「同質で固まる」という性質があって、自然に同じ人種で固まる性質を持っている。その性質が、分離を生み出しているのかもしれない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事