◆スマトラ島沖の津波から10年。巨大な激動はこれから起きる

NO IMAGE

2004年12月26日に襲いかかったスマトラ島沖の津波では死者22万人という途方もない人的被害を出した。

インドネシアのバンダ・アチェが壊滅するほどの激しい損壊を受けた。さらに、インド、スリランカ、マレーシア、タイ、モルディブ、マダガスカルと次々に津波に飲み込まれた。

あれからちょうど10年目。ついこの間の事件のように思うのだが、改めて年月の過ぎる早さを思う。

私はそのとき、ちょうどカンボジア・プノンペンにいた。誰かが「インドネシアで津波があったそうだ」と私に言ってきたのだが、私は大して気にとめなかった。

私は旅に出ているときは、テレビも新聞もインターネットもほとんど見ない。だから、それが歴史に残るような巨大な災害だったとはまったく気がつかなかったのだ。

ほんの少し、気にはなっていたものの数日プノンペンでまったく関係のない日常に追われた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事