◆武器としてのワクチン。もし、ワクチンを一国が独占したら何が起こるのか?

◆武器としてのワクチン。もし、ワクチンを一国が独占したら何が起こるのか?

中国発コロナウイルスのワクチンの開発に成功するのは「先進国」か「途上国」か。この答えは100%「先進国」である。多くの途上国はワクチンを開発する技術もなければ基盤もない。

パンデミックで経済的に極度に追い詰められるのは「先進国」か「途上国」か。この答えは100%「途上国」である。先進国は金融緩和と財政出動で企業や国民を守るだけの余裕がある。しかし、経済的に脆弱な国は余裕がない。そのため、大量の国民が絶対貧困と化す。

2020年にパンデミックを引き起こした中国発コロナウイルスは、グローバル経済を完膚なまでに破壊してしまった。都市封鎖や自宅待機によって実体経済の崩壊が続き、世界中で貧困層が爆発的に増える状況と化している。

コロナだけではない。アフリカは元々経済的に脆弱な国が多いのだが、そのアフリカの東部は蝗害(こうがい)でめちゃくちゃになってしまった。

農作物は食い尽くされ、ケニア・エチオピア・ソマリアは全滅だ。さらに、イラン・パキスタン・インドにも被害が広がり、今年はこれらの国々では飢餓が懸念される事態と化している。(ブラックアジア:アフリカを揺るがす蝗害(こうがい)。放置すれば深刻度は500倍の規模になる

その上、中国で凄まじい豪雨による被害が続いているのだが、実はアフリカでもバングラデシュでもパキスタンでも深刻で広範囲な洪水被害が起きており、地獄ような惨状を呈している。

これはまさに「今」、現在進行形で起きている事実である。悪いことが重なって世界を襲っている。

事態の収拾のため、誰もがワクチンや治療薬を待ち望んでいるのだが、これを開発するのは先進国で、最後に回るのが途上国である。これが何を意味するのか、まだ検証している人はほとんどいない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事