◆旅先で原稿を書くのであれば、もしかしたらこの方法がベストになるのか?

◆旅先で原稿を書くのであれば、もしかしたらこの方法がベストになるのか?

今、東京を離れて出先でうろうろしているのだが、このような時でも原稿を書きたい。

東京にいるときは、27インチのアップル・シネマディスプレイを前に、長時間タイピングしても疲れない東プレのキーボードを前にして仕事をしている。

この東プレのキーボードというのが非常に絶品で、以前から腱鞘炎になりかけていた指がこのキーボードに変えてからすっかり治った。

もうこのキーボード以外には使いたくないくらい気に入っているのだが、持ち運ぶには大きすぎる。

旅先では心地良い環境が用意できない。

ノートブックは当然持っていく。しかし、旅先では長時間のタイピングに合った机や椅子が用意できず、合っていない姿勢で無理にやっていると疲れが半端ないほどやってくる。

メールの返信ぐらいは何とかなっても長文を打つと言うのは本当に面倒だ。そこで今、いろんな方法を試している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

鈴木傾城カテゴリの最新記事