アーリーリタイア。仕事をしない生き方は必ずしも幸せに直結するわけではない

アーリーリタイア。仕事をしない生き方は必ずしも幸せに直結するわけではない

中国発コロナウイルスがもたらす不景気は、今後は大量の失業者を生む。失業は「強制アーリーリタイア」と言えなくもない。このまま、仕事を探すのではなくて引退してしまおうと考える人もいるかもしれないが、それができる人はほんの一部だろう。誰もが老後の金のことを考えて、一抹の不安を抱いて「働けるだけ働こう」と思うからだ。(鈴木傾城)

失業は「強制アーリーリタイア」と言えなくもない

アーリーリタイアというのは、「早期退職」という意味になる。40代、50代でアーリーリタイアできた幸運な人はたくさんいる。欧米では「アーリーリタイアすることが人生の幸せ」という人も多いので、最初からそれを目指す若者もいたりする。

そうしたアーリーリタイアのひとつの手法として、「先進国でバリバリ稼いで、引退後は物価の安い途上国で暮らす」というものもある。東南アジアの歓楽街に沈んでいるファランはその手のアーリーリタイア組も多い。

しかし最近、海外出張組や国外で暮らすアーリーリタイア組が、中国発コロナウイルスによる都市封鎖や生活の不便に耐えかねて帰国してしまったり、帰国を考えているという話をよく聞くようになった。

パタヤにいたファランも、歓楽街があるからそこにいたのに歓楽街が消えてなくなってしまったのだから、「もうパタヤにいる理由がなくなった」として潮が引くように帰国の途についている。

日本人の海外アーリーリタイア組と言えば、タイのチェンマイだとかマレーシアのペナン島に集まっていることで知られているのだが、彼らがどうしているのか、何を考えているのか、興味のあるところだ。

中国発コロナウイルスがもたらす不景気は、今後は大量の失業者を生む。失業は「強制アーリーリタイア」と言えなくもない。

このまま、仕事を探すのではなくて引退してしまおうと考える人もいるかもしれないが、それができる人はほんの一部だろう。誰もが老後の金のことを考えて、一抹の不安を抱いて「働けるだけ働こう」と思うからだ。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

アーリーリタイアの計算はすべて机上のもの

アーリーリタイアするためには、その後の人生を死ぬまで働かないで済むだけの貯金が必要だ。しかし、その金額は人によってまちまちで明確な答えはない。

仮に40代でアーリーリタイアした人がその後の人生の残りが40年だとすると、年間300万円で生きている人は、年金をアテにしないで計算すると、単純に1億2000万円が必要だということになる。

そもそも、普通のサラリーマンで40代にして1億2000万円を貯められる人はゼロとは言わないが、それほどいない。年間200万円で生きられる40代は8000万円で生きられるということになるが、40代で8000万円を貯蓄できるサラリーマンもまた希有だろう。

さらに半分の4000万円ではどうか。猛烈に働き、極度に節約した成功したサラリーマンの中には、40代で4000万円を貯めた人はポツリポツリ出てくるかもしれない。

では、この4000万円でアーリーリタイアは無謀なのだろうか。あるいは、不可能なのだろうか。アーリーリタイアではなく、セミリタイアに切り替えれば何とかなるかもしれない。

1年間で100万円くらいの収入になるアルバイトをして、足りない分は年100万円を補填するというセミリタイアの形にすれば何とかなる。

ただ、こうした計算はすべて机上のものである。病気になったとか、自堕落になって浪費癖がついたとか、インフレが来たとか、誰かにタカられたとか、そのようなことがあれば一気にプランが瓦解してしまう。

ちなみに東南アジアはあまりにも極楽な場所なので、物価は安いはずなのに、やたらと浪費がかさむ場所でもあるのはご存知の通りだ。

あるいは物価が安くても、衣食住すべてに日本並みの快適さを求めれば日本にいるのとそれほど変わらない出費になる。

さらにハイエナ稼業をやっている男は、「女性」という最強のワナが待ち受けているので、アーリーリタイアは破滅の一歩になりやすい。アーリーリタイアして破滅に追い込まれた人は、東南アジアに沈没している男には身につまされる話だ。そういう話はゴロゴロある。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

経済的不自由の中の時間の自由

アーリーリタイアを成功させるのに必要なのは「自制心」だ。働かないということは、貯金を取り崩して生きるということなのだから、自由に見えたとしても裏側では緻密かつ慎重な経済観念と自制が求められる。

アーリーリタイアすれば、自由気ままに生きられるようなイメージがあるのだが、実際にはアーリーリタイアしても常に「金の計算」「生活費の計算」から逃れられない。資本主義で生きているのだからアーリーリタイアしても金だけは飛んでいく。

時間はたっぷりある。しかし、貯金は刻々と消える。収入がないのであれば、最終的には貯金はゼロになるのだから、貯金の残高の減少で自分の死が刻々と迫っているようなイメージとなっていく。

アーリーリタイアで得られる自由とは、多くの場合は「経済的不自由の中の時間の自由」であると考える必要がある。それでも、「働くよりも自由な時間が重要だ」と思う人がアーリーリタイアに飛び込む。

ブラックアジアの読者の中にも、すでにリタイアして好きに生きている人もおられるかもしれない。あるいは、アーリーリタイアを夢見ている人もいるかもしれない。

あるいは「アーリーリタイアなど、とんでもない。死ぬまで働きたい」と考えている人もいるかもしれない。いや、そもそも「アーリーリタイアしたいが、そのような貯金がないので夢物語だ」と思っている人も大勢いるはずだ。

「隣の芝生は青く見える」と言われるが、毎日仕事に追われて生きている人に取って、アーリーリタイアしてブラブラ暮らしている人というのは素晴らしい人生に見えるかもしれない。

しかし、必ずしもアーリーリタイアが素晴らしいとは限らない。それは知っておく必要がある。

インドの貧困層の女性たちを扱った『絶対貧困の光景 夢見ることを許されない女たち』の復刻版はこちらから

自分がどのように生きたいかで答えは違ってくる

理想のアーリーリタイアがあるとすれば、数億円の資産があって配当だけで400万円以上あって、永遠に資産が減らないアーリーリタイアが可能な状況だ。

その場合、ほどほどの自制があれば、永遠に経済的自由の中でアーリーリタイアを楽しむことができる。しかし、多くのアーリーリタイア組はそうではない。貯金を食い潰す形のアーリーリタイアである。

充分な資金がないままアーリーリタイアすると、後の人生はどんどん目減りしていく貯金を見つめながら生きていくのが日常になるので、ストレスも相当なものになるはずだ。

ストレスと言えば、あまりにも社交的な人や社会的な結びつきが強い人はアーリーリタイアは難しいかもしれない。

仕事で得られるはずの充実感もなければ、仕事を通して得られる成長もない。友人も消えていき、社会からも必要とされずに疎外感を感じるようになる。

生き甲斐もないまま、ただ目減りしていく貯金を見つめて生きるということに耐えられなくなる人もいるはずだ。アーリーリタイアにはアーリーリタイアが生み出す解消できない苦しみのようなものが付いて回る。

一生涯に渡って仕事をしないでいい、というのは必ずしも幸せに直結するわけではない。そう考えると、ことさら「何もしないで生きる」ためにアーリーリタイアを目指すのは、すべての人が目指すべき合理的な生き方ではないのかもしれない。

コロナによって精神的にも人生が激変している人は多いはずだ。改めて、人生を考え直す人も増えている。自分に合っていない仕事は止めるべきだが、仕事すべてを止めるべきかどうかは、自分がどのように生きたいかで答えは違ってくる。

果たして、あなたはどうだろうか。

『ブラックアジア パタヤ編 売春地帯をさまよい歩いた日々(鈴木 傾城)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

ライフスタイルカテゴリの最新記事