◆戸川万緒。漫画喫茶で子供を産んで殺し、コインロッカーに捨てた

◆戸川万緒。漫画喫茶で子供を産んで殺し、コインロッカーに捨てた

2018年5月29日午後2時頃、東京都新宿区歌舞伎町のど真ん中にあるコインロッカーで異臭がすると110番通報があった。

警察が調べたところ、コインロッカーの中にはスーツケースが入っており、それを開けるとポリ袋に入れられた乳児の遺体が入っていた。

歌舞伎町では赤ん坊遺棄事件がいくつも起きているのだが、そのうちのひとつはブラックアジアでも取り上げた。母親は韓国から来た女性だった。(ブラックアジア:徐槿栄。新宿歌舞伎町で赤ん坊を捨てた韓国人女性の背景

この事件はどうだったのだろうか。

歌舞伎町はあちこちに監視カメラが設置されており、コインロッカーに赤ん坊を捨てた女性もまたそこに映っていた。しばらくして彼女は逮捕された。

住所不定、無職の女性で、名前は戸川万緒(とがわ・まお)と言った。彼女は漫画喫茶の個室で赤ん坊を産み落とし、声が出たのでばれると思って赤ん坊の首をタオルで締めて殺して捨てていた。

奇しくも彼女が逮捕される前、私は歌舞伎町をうろうろしていて、その時にネットカフェで暮らしている女性と話していた。(ブラックアジア:大久保公園にずっといる「正体不明の女たち」は誰だったのか?

戸川万緒という女性が漫画喫茶暮らしであると知って、私はすぐに大久保公園にいる女たちを思い出した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net