◆「寂しさをセックスで埋めると必ず後悔する」と言われる

NO IMAGE

失恋。挫折。孤独。無理解。無関心。淡々と過ぎていく日々。ひとりぼっちの夜。見捨てられたような人生……。

そんな中で、ふと「自分は誰からも愛されていない」と分かってしまったり、「私は見捨てられている」と思ってしまうこともある。

東南アジアの荒んだ売春宿の女性たちは、みんなひとりになるとそんな切ない表情をすることが多い。

だから、だろうか。彼女たちはひとりになりたがらない。気が付けば仲間としっかり手を握り合っていたりする。暑いのに、いつも誰かと密着している。

寝るときでさえも、誰かにそばにいて欲しいのか、客がつかない夜は、わざわざ仲の良い友達と一緒に寝ようとする。

インドネシアのリアウ諸島の女たちは、夜の売春宿の中で孤独になるのを嫌って、他人が隣にいても暑苦しいベッドで誰かと一緒に寝る方を好んでいた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事