◆覚醒剤レベルの「覚醒感」は、覚醒剤でしか手に入らない

NO IMAGE

覚醒剤は非常に強いドラッグであり、このドラッグにはまって戻って来られた人は非常に幸運であると言われている。

多くの人は一度覚えたこの覚醒剤に取り込まれて、人生を破壊させていく。覚醒剤の強烈な副作用は多くの人が語っており、今や誰もが恐怖と共にこのドラッグを思い浮かべる。

覚醒剤は日本でも暴力団の資金源として欠かせないものであり、東南アジアでもマフィアが手っ取り早い資金源としてそれを製造している。

アメリカで出回っている覚醒剤(Meth)はメキシコのドラッグ・カルテルが製造しているが、アメリカ人が湯水のごとくドラッグを使用するので、麻薬カルテルには大金がうなっており、政府すら凌駕する勢いだ。

表社会は資本至上主義だが、裏社会は快楽至上主義である。快楽は売春ビジネスと麻薬ビジネスの2つを生み出して、はっきり言えばそれがアンダーグラウンドの核(コア)なのである。

しかし、覚醒剤は人生を破滅させるのだから、あまりにもリスキーである。リスキーではない覚醒剤の「代用」はないのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事