◆17歳の少女が、顔面を破壊されなければならない理由とは

NO IMAGE

閲覧注意
パキスタンのイスラム教徒である17歳の少女ギュル・ミーナが、自分の兄に顔面を斧で何度も叩き付けられた。

彼女の顔面は斧で裂け、頭蓋骨が割れ、現場は血の海となった。脳が見えていた。

頭部を破壊されてピクリとも動かない凄惨な姿の少女を見て、誰もが彼女は死んだと思った。ギュル・ミーナは病院に運ばれたが、医師ですら手術台の上の少女が助かる見込みはないと思ったという。

ところが、信じられない奇跡が起きた。ギュル・ミーナは生き残った。九死に一生を得たのである。記憶も失われておらず、四肢の麻痺もなかった。

それは素晴らしいことだったが、生き残って彼女が幸運だったかどうかは何とも言えなかった。彼女の殺害に失敗したことを知った家族は、再び彼女を殺しに来るはずだ。

そもそも、なぜ彼女は命を狙われているのか……。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事