◆人類は危険なウイルスを撲滅しているのではなくバージョンアップさせている

◆人類は危険なウイルスを撲滅しているのではなくバージョンアップさせている

中国は新型コロナウイルスの封じ込めに失敗したので数ヶ月はコロナウイルスの問題で忙殺されることになるだろう。

武漢だけであれば中国の経済活動に占める割合はそれほど大きなものではないので中国経済に何か致命的な問題を起こすことはないのだが、上海・深圳・北京などでこの新型コロナウイルスが蔓延すると甚大な被害を受けることになる。

中国は国民の海外旅行を禁じたので、新型コロナウイルスは中国の国内問題になっていくかもしれないが、まだ予断は許さないところにある。

グローバル化した社会は人の封じ込めが難しいのと同時に、伝染病の封じ込めもまた難しい。

新型コロナウイルスは大きく注目されているのだが、真夜中の世界ではすでに各種STD(性感染症)がパンデミックを起こしていて、日本でも拡大傾向にあるというのは真夜中の人間はみんな知っていることだ。

日本では過去の病気になったはずの「梅毒」までもがまた盛り返している。もちろん、この梅毒は性交渉で感染が拡大している。HIV感染者・エイズ患者もまた増えているのだが、こちらの増加率は梅毒と違って緩やかだ。

これは日本のセックス産業においてはアナルセックスが一般的ではないのと、注射器を使ったドラッグの使用が日本のアンダーグラウンドで少ないからだと私は見ている。この両方が日本でも一般化していたら間違いなくHIV感染者・エイズ患者は今の数十倍のレベルにあったはずだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事