◆めった刺しやバラバラ殺人の裏には意外な犯人像がある?

NO IMAGE

閲覧注意
被害者がめった刺しにされて殺された事件があると、残された遺体は非常に大きく損壊している。それを見た私たちはこのように思う。

「死体はめった刺しされている。現場は血まみれだ。これは、怨恨があったに違いない。あるいは、犯人は非常に残忍な性格に違いない」

あるいは、バラバラ事件が起きて、手足がどこかから見つかったり、胴体だけが見つかったりしたとき、それを見た私たちはこのように思う。

「死体はバラバラだ。これは冷酷な殺人犯がやったに違いない。普通の人間が、人間をバラバラにすることができるはずがない」

私たちが想像する通りの「残忍な人間」が引き起こしためった刺し事件やバラバラ事件もある。しかし、実はそうでない場合も多いという。漠然と思うことと、事実が違っているということはよくある。

めった刺しやバラバラ殺人事件の裏には意外な犯人像があると、監察医は言う。それはどんなものなのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事