貧困街やスラム地帯は「社会にとって必要なのではないか」と思うようになった

貧困街やスラム地帯は「社会にとって必要なのではないか」と思うようになった

確かに全員が貧しいけれども、昔の長屋のような建物に住み、ごちゃごちゃした路地だが開けっぴろげで、共同体全員で助け合って暮らし、地域の子供たちがあちこちの家に勝手に入って遊び回るようなエリアがあっていいのではないか。しょうゆが足りなければ隣に借り、母親が隣近所の爺さん婆さんに子供を預けて出かけられるような、かつての昭和の下町のような世界が再びアンダークラス層で再現されてもいいのではないか。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

利益と効率を追求する過剰な競争意識がもたらす不安

カトリックの総本山はバチカンにあり、そのバチカンの元首にあたるのがローマ教皇である。バチカンはダーティーなカネの流れや神父の性的虐待スキャンダルで常々、その闇を指摘されているのだが、それでもカトリック教徒は13億人いて信者の基盤は揺るがない。

このローマ教皇が2019年11月23日に38年ぶりに来日し、被爆地である広島・長崎を訪問して核兵器の廃絶を訴えていた。平和を説く宗教が、核兵器の廃絶を訴えるのは当然のことであり、それについては特に感想もなければ感慨もない。

私が、このローマ教皇の来日で興味深いと思ったのは、そうした方面ではなく、東京都文京区の東京ドームで話された「日本の若者へのメッセージ」の方である。少し長いのだが、以下のように話していた。

『社会的に孤立している人が決して少なくなく、命の意味が分からず、自分の存在の意味を見い出せず、社会からはみ出していると感じている。家庭、学校、共同体は、一人ひとりが支えを見い出し、また、他者を支える場であるべきなのに、利益と効率を追求する過剰な競争意識によって、ますます傷ついている。多くの人が、当惑し不安を感じている。過剰な要求や、平和と安定を奪う数々の不安によって打ちのめされている』

日本は1990年代から明確に社会が変わり、明確に若者が使い捨てされる時代に入っていった。(ダークネス:1971年〜1974年生まれは、自分たちは過酷な時代に生きる世代だと認識せよ

そして今、日本社会は貧困層(アンダークラス層)が生まれているのである。

彼らはフランシスコ教皇が言うように、社会から孤立し、社会に見捨てられ、自分の存在の意味を見出せなくなっている。そして、社会もまた「利益と効率を追求する過剰な競争意識」によってますます弱肉強食になっている。

こうした社会的構造が日本を覆い尽くし、救いのない苦しみを生み出している。フランシスコ教皇がそれを指摘したというのが私には興味深かった。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

アンダークラス層に追いやってしまう危機

アンダークラス層に堕ちている若年層は、最初から不利な条件の労働形態である非正規労働を選ばざるを得なくなっている。

これは女性も同様だ。日本は昔から男女の賃金に格差があったが、現代でもそれは変わっていない。現在、単身女性の3人に1人は年収125万円以下であり、貧困を余儀なくされている。

特に学歴のない単身女性と、年齢がいった単身女性が社会から孤立して追い込まれている。125万円と言えば、単純に月で割ると約10万円強である。10万円で、果たして暮らしていけるものなのだろうか。

たとえば、首都圏のワンルームの家賃が約6万円だとすると、10万円の給料のうち何もしなくても6万円が飛んで行く。電気・ガス・水道・電話代等は、どんなに必死で節約したとしても2万円だろう。

そうすると、8万円が右から左へと消えて行くことになる。

残りは2万円ほどしか残らないが、これでは食事すらも満足に取ることができない。こんな状況に陥っている若い女性が3人に1人なのである。

この3人に1人が貧困というのは、内閣府男女共同参画局の報告書の中で指摘され、単身女性の苦境は政府も把握している。そこで、政府は2020年から「同一労働・同一賃金」を推し進めることにしたのだが、その政府の施策は非正規雇用で苦しむ女性たちの救済にはならない可能性もある。

なぜか。企業は「同一労働・同一賃金」のために、非正規雇用者の賃金を引き上げるのではなく、正社員の手当を引き下げることを考えているからだ。(フルインベスト:「同一労働・同一賃金」によって、むしろ追い詰められる人が増える理由とは?

なんと、政府の施策は非正規雇用者を安定させるよりも正社員をも非正規雇用者に合わせてアンダークラス層に追いやってしまう危機を生み出してしまうのかもしれないのである。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

どん底まで追い込まれているアンダークラス層の女性

企業は常に利益と効率を追求する。だから、自らの利益のためには常に従業員の賃金を下げる方向にベクトルが向く。フランシスコ教皇の言う「利益と効率を追求する過剰な競争意識」は、かくして労働者全員を蹴落とすことになっていく。

単身女性でもこのような悲惨な状況だが、もし彼女たちに子供ができてシングルマザーにでもなったら、もっと悲惨なことになる。子供がいることによって、母親は働くにも非常に大きな制限を受けることになる。

しかし、収入が少ないからと言って、子供に節制を要求することはできない。現在の単身女性やシングルマザーの女性が置かれている深刻な経済問題は、まぎれもなく途上国と同じ、絶望的な「貧困問題」であると認識しなければならない。

だからこそ、こうした単身女性やシングルマザーが、次々と風俗の世界に流れ込んでおり、風俗で働いたことがない女性でも「バニラ」のような風俗の求人を見て心が揺れ動いたりしているのである。

今のところ、貧困問題が解決される可能性はゼロだ。元凶となっている「利益と効率を追求する過剰な競争意識」が相変わらず続いていくからである。

日本の風俗の主流はいまやデリヘルが制しているのだが、20代の女性たちも、30代の女性たちも、いや40代の女性たちも50代の女性たちも普通にデリヘルで身体を張って働いているのである。(ブラックアジア:野良犬の女たち

もちろん、誰もがデリヘルで働けるような容姿を持っているわけではない。そんな女性は普通のデリヘル店では働けないので激安デリヘルに勤めることになるのだが、それでも客がつかない。

仕方がないので、ネットカフェで暮らして歌舞伎町のホテル街の路上に座り込んでじっとしている女性もいる。(ブラックアジア:大久保公園にずっといる「正体不明の女たち」は誰だったのか?

そういった生活を繰り返して妊娠し、ネットカフェのトイレで赤ん坊を産んで歌舞伎町のコインロッカーに捨てて逮捕された女性もいた。(ブラックアジア:戸川万緒。漫画喫茶で子供を産んで殺し、コインロッカーに捨てた

アンダークラス層に堕ちた女性が、どん底まで追い込まれているのが分かる。

地獄のようなインド売春地帯を描写した小説『コルカタ売春地帯』はこちらから

今の日本にはアンダークラス層を包み込む場所がない

ネットカフェで暮らす若年層は増えているのだが、他にもシェアハウスという形態もある。見知らぬ他人と部屋を共有して暮らす。ネットカフェとはまた違うスタイルだが、プライバシーが保てないところで暮らすわけで劣化した住環境であるのは間違いない。

日本でシェアハウスが定着したと聞いたとき、なるほど貧困国で当たり前の現象が、いよいよ日本にも広がっているのだと納得したものだった。

現在はこういった苦境にある若年層はまだ「単身」だが、彼らもやがて同じ境遇の異性と知り合って一緒に暮らしていく。しかし、ふたりになっても底辺をさまよう生活は変わらないので、住まいに困るようになる。

ところで、貧困国には当たり前にあって、日本には見当たらないものが貧困街やスラム地帯である。東南アジアではこうしたエリアが普通に存在していて貧困層を包み込むのだが、今の日本にはそれがない。

アンダークラス層を包み込む場所がないのだ。だから、皮肉なことに、貧困層が孤立するという状況になっている。日本もいよいよシェアハウスまで辿り着いた。次は何が生まれるのだろうか。

こういったことを言うと、「隔離だ」「差別だ」と誤解されるのだろうが、私は積極的にアンダークラス層「だけ」が集まり、安心して暮らせるエリアを作った方がいいのではないかと最近は思うようになってきている。

確かに全員が貧しいけれども、昔の長屋のような建物に住み、ごちゃごちゃした路地だが開けっぴろげで、共同体全員で助け合って暮らし、地域の子供たちがあちこちの家に勝手に入って遊び回るようなエリアがあっていいのではないか。

しょうゆが足りなければ隣に借り、母親が隣近所の爺さん婆さんに子供を預けて出かけられるような、かつての昭和の下町のような世界が再びアンダークラス層で再現されてもいいのではないか。

昭和の一時期、確かに日本はそんな世界があったのだ。

孤立はアンダークラス層「だけ」が集まるオープンな「かつての昭和の下町」のようなエリアを作ることで解決できるのではないか。貧困街やスラム地帯というのは、アンダークラス層には実に機能的なシステムになっていたのではないか。

貧困や格差はもちろん解決するに越したことはない。しかし、その解決に相当な時間がかかるのであれば、貧困街やスラム地帯は「社会にとって必要なのではないか」と私は思うようになっている。

あなたは、どう思うだろうか……。

『野良犬の女たち ジャパン・ディープナイト(鈴木 傾城)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

格差カテゴリの最新記事