◆「先進国と貧困国」の勝負が決まれば次の勝負が待っている

NO IMAGE

国連が発表しているデータに「後発開発途上国」のリストがある。後発開発途上国とは、発展途上国の中でも特に開発が遅れている国、言ってみれば「最貧国」の国々を指す。

国連が「後発開発途上国」と呼ぶのは、次の3つが当てはまった国である。

(1)所得が低いこと。
(2)人的資源が低いこと。
(3)国としての機能が脆弱であること。

分かりやすく言うと、国民の平均年収約12万円以下で、食べ物も医療も充分ではなく、国のインフラも整っておらず何かあればすぐに国民が困窮してしまうような国々を「後発開発途上国」と呼んでいる。

その多くはアフリカだが、アジアも9ヶ国含まれている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事