大不況。数ヶ月経っても状況が改善されないと、私たちは覚悟しなければならない

大不況。数ヶ月経っても状況が改善されないと、私たちは覚悟しなければならない

私は新型コロナウイルスの問題を一気に解決する特効薬(ワクチン)の登場を待ち望んでいる。必ずワクチンは開発されるのは間違いないのだが、「いつ」それが開発されるのかは誰にも分からない。世界が破滅するのが先か、ワクチンが開発されるのが先か。私自身は世界経済が破滅するより前にワクチンが開発されるものと信じている。しかし、世の中は一寸先は闇なのである。どうなるのか分からない。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

多くの人が収入減や失業に巻き込まれることになる

中国の武漢から始まった新型コロナウイルスは、特効薬が開発されるまで問題を収束させることはできない。感染者は拡大していく一方だが、拡大を阻止するためには人の流れを阻止しなければならない。

しかし人の流れを阻止すると実体経済が死ぬ。

だから、このままではあらゆる企業の経営が破壊されることになると見越して、株式市場は先にパニック的な売りに見舞われている。いつになったら特効薬としてのワクチンが開発されるのか、いつになったら問題が収束するのか誰にも分からない。

日本政府の専門家会議は『新型コロナウイルスはインフルエンザのように暖かくなったら消えるようなウイルスではなく、対応は数ヶ月から半年、場合によっては年を越えて続くかもしれない』と述べている。

UNCTAD(国連貿易開発会議)も、経済活動の停滞によって『これまで海外への直接投資を活発に行ってきた多国籍企業の業績が悪化する』と述べ、かなりの深刻な経済の落ち込みになる可能性をも示唆するようになっている。

案外、早期に収束する可能性もあるかもしれないが、私たちが思っている以上に問題が長引く可能性もある。そうなると、世界は長く苦しい不況に落ち込んでいくのは避けられない。

すでに観光業界、飲食業界、石油業界、航空業界、自動車業界は一足先に苦境に落ちて人員整理や倒産が始まっているのだが、新型コロナウイルスの影響は全業種に及ぶので、多くの人が収入減や失業に巻き込まれることになる。

あと数ヶ月経っても状況が改善されないと、私たちは覚悟しなければならない。場合によっては恐慌に近いような地獄の惨状に見舞われることになる。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

経済危機が止められなくなってしまうとどうなるのか?

多くの企業がいっせいに休業や事業縮小をするようになる。それは人員整理やリストラを始めると言うことでもある。そうした動きが起きると、ただでさえ鈍っている消費は完全に死ぬ。

景気が停滞すると人々は消費を控え続けるので、企業はさらに人件費の削減に走る。

底なしの不況がやってくると、企業は自らの規模をどんどん小さくして生き残りを計るが、問題なのはいつも人間の方だ。人間はリストラされたあと、次の仕事が見つからずに路頭に迷う。

企業が放り出した人間が増えれば増えるほど、これらの人たちを保護し、消費を拡大させるために政府は手を打たなければならない。しかし、政府も万能ではない。政府はすべての国民を助けることができないのだ。

景気が悪化すると、政府に対する風当たりも凄まじく強いものになる。政府が信用されなくなり、政権の基盤が揺らぐ。政権が吹き飛ぶ可能性すらもある。全世界を巻き込んだ不況というのは、世界規模でそれが起きると言うことなのである。

コロナショックはリーマンショック並の経済危機になってしまうのではないかという懸念を口にする人も増えてきているのだが、経済危機が止められなくなり、極限まで波及していくと、私たちの生活は具体的にどうなるのか。

以下のような動きが次々と起きる。

「今の会社が立ちゆかなくなる」「給料が減る、遅延する、ゼロになる」「失職する」「次の仕事が見つからない」「物が売れない、物が買えなくなる」「株価が大暴落する」「資産価値が減少する」「インフレになる」

ここで事態の悪化が食い止められないと、もっとひどい結末が待っている。

「会社がバタバタ潰れる」「預金していた銀行がつぶれる」「国も破綻する」「ハイパーインフレになる」「年金がストップする」「一家心中・自殺がうなぎのぼりに増える」「ホームレスが増え、治安が悪化する」「どこに逃れても同じ状況で進退窮まる」

世界がまとめて不況に落ちて各国政府が対応を間違ってしまうと、このような事態が次々と発生するのである。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

1929年、全世界が阿鼻叫喚の地獄に落ちた

世界は、実際に極度の悪化にまで突き進んだことはあるのか。ある。1929年に起きた世界大恐慌はまさにその典型だった。上記のすべてが1929年に引き起こされ、全世界が阿鼻叫喚の地獄に落ちていった。

結局それが、世界大戦につながっていったのだ。

その後も、様々な国が個別にデフォルトするたびに、上記の現象はその国の中で繰り返し起きて、人々を地獄に突き落としていった。

1980年代には、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、ナイジェリア、フィリピン、トルコと次々とデフォルトしていき、上記のすべての現象が再現した。

1990年代に入ってもアジア通貨危機でタイ、インドネシア、韓国が国家破綻寸前に追い込まれ、それがロシアの国家破綻を招き、やはり上記のすべての現象がここでも起きた。

財政に問題を抱えた国はいつでも破綻する。2020年3月7日もレバノンが外貨建て国債12億ドルの返済が不可能になりデフォルト(債務不履行)に陥った。

新型コロナウイルスによって経済が極限まで破壊されそうな国として挙げられているのは、トルコ、ギリシャ、イタリアである。これらの国は観光収入が途絶えると一気に国家基盤が傾く国である。

しかし、財政基盤の弱い途上国はすべて危機的な状況になる可能性がある。

現在、グローバル経済の成長が軋みを上げて止まり、成長から収縮に逆回転しようとしているわけで、いつどこの国が最初にコロナショックで破綻してしまうのか分からないような状況だ。

私は新型コロナウイルスの問題を一気に解決する特効薬(ワクチン)の登場を待ち望んでいる。必ずワクチンは開発されるのは間違いないのだが、「いつ」それが開発されるのかは誰にも分からない。

世界が破滅するのが先か、ワクチンが開発されるのが先か。私自身は世界経済が破滅するより前にワクチンが開発されるものと信じている。しかし、世の中は一寸先は闇なのである。どうなるのか分からない。

すでに株式市場は先にクラッシュしてしまっている。

「あと数ヶ月経っても状況が改善されないと、私たちは覚悟しなければならない」というのは、実体経済が破壊されて私たちの生活を侵していくという意味である。

覚悟はいいだろうか?

『世界大恐慌――1929年に何がおこったか(秋元 英一)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

経済カテゴリの最新記事