◆風俗歴・約20年の女。修羅場をくぐった彼女が私に語った「夢」とは?

◆風俗歴・約20年の女。修羅場をくぐった彼女が私に語った「夢」とは?

野良犬の女たち
ひとつの仕事を20年も続けるというのは、並大抵のことではない。新入社員でどこかの会社に入社して、定年まで勤め上げた歴戦のサラリーマンですらも、同じ仕事を10年も20年も続けているわけではない。

しかし、今、私の目の前にいる40代の女性は、ニヤリと笑って私にこのように言った。

「私ね、20年ずっと風俗やってんの」
「20年も……」
「そうそう」

「昼職はしたことない?」と私が訊ねると、彼女は「あっはっは」と大声で笑ってこのように答えた。

「あのね。私はね、風俗が昼職なの」

彼女は今、池袋で熟女系のデリヘルに所属しているのだが、彼女の格好はデリヘル嬢にしては突き抜けていた。金髪の長髪、厚化粧、過剰なまつげ、そしてブランドもののロゴがデカデカとプリントされている服とバッグ。

40代の女性が、あたかも自分の財力を誇示するかのような露出ぶりだった。私はその派手過ぎる彼女の姿を見つめながら、「なるほど、これは彼女の戦闘服なのだ」と心の中で思ったのだった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

野良犬の女たちカテゴリの最新記事