「令和」最初の月。ブラックアジア有料メンバー募集のお知らせ

「令和」最初の月。ブラックアジア有料メンバー募集のお知らせ

ブラックアジアでは、有料会員を募集しております。会員登録することによって、膨大な過去記事がすべて読め、新規に上がる会員記事も1年間読むことができます。売春、暴力、殺人、犯罪、狂気、戦争……。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドの世界を、読んでみませんか?

 

新時代・令和の最初の月

平成の30年、日本は奇跡的に「戦争に巻き込まれなかった奇跡的な時代」であると総括できます。そういった意味では、多くの日本人にとって平成は「何も起きなかった幸せ」を噛みしめることができる時代であったと言うこともできます。

しかし、その一方で平成は「経済的バブルの崩壊」という激動にずっと苦しみ続けてきた時代であったとも言えます。

平成が進むにつれて、バブル崩壊の後遺症は非常に深くなっていき、政治家や官僚の間違った経済政策によって、日本は一億総中流が消失していきました。そこで生まれたのが、以下のような現象です。

超就職氷河期。
若年層の貧困。
非正規雇用拡大。
引きこもりの増大。
少子高齢化。
経済格差の広がり。
社会保障費増大による財政悪化。
生活保護受給者の増大。
アンダークラスの出現。

ブラックアジアを開始したのは2000年です。当初は東南アジアの貧困のみを取り上げていました。なぜなら、その頃の日本は「このままでは貧困に落ちる」と言われていたものの、まだまだ日本社会には余裕があったからです。

しかし、2010年を過ぎたあたりから、日本人はいよいよ余裕を失うようになっていき、まずは社会的に弱い存在である、若年層・高齢層・シングルマザーから貧困に落ちるようになっていきました。

ここで日本人全員が「このままでは日本全体が危機に落ちる」という意識を共有できればよかったのですが、実際は無関心が社会を覆い尽くしていました。

政治家も官僚も日本人ひとりひとりも少子高齢化や貧困層の増大に関してはそれほど強い問題意識を持たなかったので、日本の貧困問題はどんどん深刻さを増していき今に至っています。

当初、東南アジアに沈没していた私は東南アジアの貧困の中にどっぷりと浸っていたのですが、いまや東南アジアにいかなくても日本で貧困に触れることができるようになっていました。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

「令和」はいったい何を生み出すのか?

2019年5月1日。いよいよ新しい時代「令和」が始まります。

重要なのは、新しい時代がきたからと言って平成で生まれた諸問題はリセットされるわけではないということです。少子高齢化という時限爆弾はより深刻さを増して令和の時代を覆っていくことになります。

一部に「多子化家庭を目指す」と表明する政治家も出てくるようになっていますが、少子高齢化による日本社会の収縮と崩壊はいまだに日本人には実感として捉えられておらず、このままでは「令和」の時代は平成の問題がより深刻化を増すだけになっていく可能性があります。

この日本の苦境を見て虎視眈々と日本の侵略を狙っている周辺国もあるわけで、「令和」の時代が平成のように平和であり続けるかどうかは未知数です。

アンダークラスの増加、外国人流入の増加、グローバル化による諸外国との軋轢と対立が進めば進むほど、日本は激震することになります。

そもそも、世界を見ますと、そこは完全に弱肉強食の資本主義が覆い尽くしており、凄惨な暴力が満ち溢れた世界となっています。そこでは普通の日本人が想像することすらもできないような強烈な暴力が渦巻いています。

戦争・クーデター・爆破テロ・乱射・殺人・レイプ・詐欺・ヘイトクライム・モブジャスティスがそれこそ毎日のように起きており、一分たりとも「平和」だったことはありません。

アンダーグラウンドでは、バイオレンス・セックス・ドラッグが満ち溢れており、それは「消える」どころか「拡大」しているのが現状です。

ブラックアジアでは、10年も前から「バイオレンス・セックス・ドラッグ」を真っ正面から取り上げている希有なサイトです。社会の裏側の醜悪な世界をつぶさに見つめ、こうした事象を深く掘り下げています。

「令和」はいったい何を生み出すのでしょうか?

まだ有料会員の登録をされていない方は、有料会員になって、ブラックアジアのすべての記事にアクセスしてみて下さい。お待ちしております。

ブラックアジアへの会員登録はこちらから

マイクロソフト系のメールをお使いの方にお願い

ブラックアジアでのご登録はペイパルのシステムを使っておりますが、最近「hotmail.com」「outlook.com」のアカウントをお使いの方が「システムからのメールが届かない」という問い合わせが増えています。

hotmail.comoutlook.com等のマイクロソフト系のメールをお使いの方は、「設定→メール→迷惑メール→信頼できる差出人」にinfo@blackasia.netを必ず設定しておくようにお願いします。

最初に「設定」を選びます。

  • ①「メール」を選択します。
  • ②「迷惑メール」を選択します。
  • ③「信頼できる差出人」を選択します。
  • ④「info@blackasia.net」を追加します。

最後に保存ボタンを押します。

登録して1日経ってメールが届かなければ連絡を

通常、ブラックアジアに新規登録して頂き、クレジットカードでの支払いがペイパルのシステムで終わると、すぐにブラックアジア(info@blackasia.net)からメールが送信されます。(注意:継続の場合はメールは飛びません。お使いのパスワードを引き続き利用できます)

一瞬で届く人もいますが、お使いのメールサーバーの状況で5分から10分ほどかかる人もいます。いずれにしても、それくらいの時間で必ず届くことになっています。

このメールはとても大切なメールです。本文には特別なURLが記載されておりますので、それをクリックして自分でIDやパスワードを決めると登録完了です。

そのため、このメールが届かないか、もしくはURLをクリックしない場合は、いつまで経ってもブラックアジア会員制を見ることができません。メールが届いていない場合は、迷惑メールのフォルダに入っている可能性がありますので、ご確認ください。

まれに迷惑メールに到達する前の段階で何らかの原因で届かないケースもあるようです。

もし1日待ってもメールが届かない場合は、お問い合わせフォームからペイパルでご登録されたメールアドレスで連絡を下さるか、もしくは直接、鈴木傾城宛てにメールをください。

2日も3日も待たなくて構いません。入金処理をして翌日までに届いていなければ、いつでも連絡をください。早めに処理をします。

ペイパルで登録されたメールアドレスがない場合は、登録処理に失敗している可能性があります。その状況であれば、そのようにお伝えいたします。

最も対応に困るのは、「お問い合わせフォーム」に記載されたメールアドレスが間違えていてメールが届かないケースです。その場合は、返事すらもできません。メールアドレスは間違えないようにお願いいたします。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

周知カテゴリの最新記事