◆継続できない人もいるのは事実だが、継続する努力は重要だ

NO IMAGE

私が知り合った女性のひとりは「私、ひとつのことを続けることができない人だから」と自分を評していた。

今まで彼女は半年経てば突如として仕事が嫌になって辞めてしまい、職を転々として生きていた。

辞める理由がなくてもやっていることが嫌になるのか、飽きるのか、緊張感が切れるのか、もともとつまらないと思って我慢していたのが耐えられなくなるのか、彼女の場合は「半年」が限界だったようだ。

彼女は特殊なのだろうか。

いや、彼女のように「続けることができない性格」の人というのは、それほど珍しくない。まわりを見回せば、何をしても続かない人というのが何人も目に付くはずだ。

仕事でも、趣味でも、人間関係でも、結婚生活でも、本来は続かなければならないものが続かない。いろんな面で息切れして、今までやっていたものを途中ですべて投げ出してしまう。

まわりに説得され、続けた方が自分のためにもメリットがあると本人も理屈では理解していてもどうしても続けられず、精神的にぷっつりと切れて消えてしまう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事