◆白い膜を顔に張り付けたような女(1)彼女は小刻みに震えていた

◆白い膜を顔に張り付けたような女(1)彼女は小刻みに震えていた

野良犬の女たち
雨が止まない。3月に入って少しは暖かくなってきたのかと思ったが、再び冷たい空気が戻ってきて傘をさして歩く人々も不機嫌に見えた。そんな中、私もまた雨にうんざりする人々の中に紛れ込み、新宿東口から久しぶりの歌舞伎町に入った。

雨だというのに、中国から来た観光客は相変わらず精力的で、キャリーバッグを転がしながら歌舞伎町を行き来している。その脇を大きなカバンを持って奥へ奥へと歩いている若い日本女性がいるが、彼女は間違いなく風俗嬢に違いなかった。

歌舞伎町の奥に潜り込む。この日、私は場末の中の場末の風俗店に勤める三十路(みそじ)の女性と会った。

経済格差が日本に広がっていき、若年層が困窮に落ちて風俗に流れ堕ちている現状に関心を持った私は、2015年あたりから定期的に風俗嬢に話を聞くようにしている。

こうした風俗嬢はどうやったらピンポイントで見つけられるのか最初の頃は分からなかったのだが、今では思い立てば10分後には見つけることができるようになってしまっていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

野良犬の女たちカテゴリの最新記事