◆那覇の夜。沖縄の風俗が抱えている「出稼ぎ風俗嬢」の三つのタイプ

◆那覇の夜。沖縄の風俗が抱えている「出稼ぎ風俗嬢」の三つのタイプ

普通の仕事を求める沖縄の若い男女も内地(沖縄県以外の都道府県のこと)で働くことを考える。同時に、風俗で働くことを考える沖縄の女たちもまた多くが県外に出で行く。

理由は単純で、県外の方が仕事があるし稼げるからだ。それだけではなく、沖縄は狭い世界なので風俗で働いていると「身バレ」もしやすい。総合的に考えると、内地で働く方が圧倒的に環境が良い。そのため、沖縄の夜の女たちは「流れ者の女」になりやすい。

しかし、沖縄県は那覇に限っても狭い地区にソープランドが密集し、さらにはデリヘルのような派遣型風俗もまた大量の女性を抱えている。これらの店で働いている女性たちは何者なのか。

沖縄の女性も当然ながらそこで働いているのだが、それだけでは那覇の風俗を支えるだけの人数にならない。沖縄の夜は、沖縄県外から流れてきた女たちが支えているという実情がある。

そんな那覇の裏事情を、ひとりの女を通して私はリアルに知ることになる。彼女は沖縄に10回以上も仕事とプライベートで来ている25歳の東京出身の女性だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

野良犬の女たちカテゴリの最新記事