◆圧倒的な弱者が絶対的強者を打ち負かす唯一の方法はこれだ

NO IMAGE

砂漠は極度に乾燥しており、生物が生きるには厳しすぎる環境である。何しろ、生命を維持するのに必要な水がない。そのような過酷な環境に放り込まれたら多くの生物は死ぬ。

当然、生物は砂漠を避けて、もっと環境の良いところに移動し、砂漠は不毛の大地となる。

ところが、そんな砂漠にも生き物はゼロではない。環境に適応して生き残る生物も存在する。

砂漠と言えばラクダを思い出す人も多い。ラクダは背中に大きなコブを背負っている。

そのコブに水分や脂肪が溜められており、これによってラクダは砂漠で生きることができる。ラクダはライオンのような肉食獣には勝てないが、ライオンは砂漠に勝てない。

他にも砂漠の環境に適応して放熱のために極端に耳が大きくなったフェネックや、オオミミトビネズミのような生き物もいる。あるいは、手足を交互に上げ下げして生きるアンチエタヒラタカナヘビのようなトカゲも生きている。

彼らは砂漠という過酷な環境から逃れるのではなく、そこに適応して生きるという人生を選んだ。自分自身は過酷な環境で生き残れるが、自分を食う圧倒的な強者は過酷な環境に耐えられずに自滅する。それで自分が生き残る。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事