◆歌舞伎町にいた沖縄の女性(1)沖縄出身の女性も当然そこに潜んでいる

◆歌舞伎町にいた沖縄の女性(1)沖縄出身の女性も当然そこに潜んでいる

野良犬の女たち
以前からずっと気になっていたことがある。「かんなみ新地」にいた沖縄の女たちだ。

兵庫県の尼崎には沖縄の人々がたくさん集まっていて、関西を代表する「ちょんの間」のひとつである「かんなみ新地」にも、沖縄から来た女たちが大勢いた。(ブラックアジア:尼崎(あま)の闇。未だに残るちょんの間「かんなみ新地」

恐らく沖縄の女性は関西で様々な風俗に潜り込んでいる。その中のひとつに「ちょんの間」がある。なぜ「ちょんの間」だったのか。

もしかしたら、沖縄にも風俗のひとつの形態として「ちょんの間」が存在していたからなのではないかとも思った。

その沖縄の「ちょんの間」は2010年まで存在していた。宜野湾市にある真栄原(まえばら)社交街、通称「新町」と呼ばれたストリートである。

関東では2004年以後から「ちょんの間」は次々と破壊されていたのだが、その波は沖縄にも伝播していた。「浄化作戦」という名の徹底的な摘発が行われて、新町は完全に消え去ってしまい、新町という名前すらも変えられて第二真栄原という名になってしまった。

こうした経緯から、真栄原社交街が消滅したことで、沖縄ルートのスカウトは新たな場所として尼崎の「かんなみ新地」を好んだのかもしれない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

野良犬の女たちカテゴリの最新記事