◆誰でもいいから、愛がなくてもいいから、嘘でもいいから相手が欲しい

◆誰でもいいから、愛がなくてもいいから、嘘でもいいから相手が欲しい

多くの人は、自分を愛してくれる相手を見つけて一緒に暮らし始める。温かいベッドの中で愛を確かめ合う。しかし、相手をうまく見つけられずに耐え難いほどの孤独に沈む人もいる。

「自分はこんなに寂しい。分かり会える相手が欲しい。世の中には、きっと自分と同じように寂しいと感じている異性がきっといるはずだ。それなのに、どうして巡り会えないのだろう」

そのように考えると、空虚な気持ちはより深まることになる。とは言っても、自分を愛してくれる相手は都合よく見つかったりはしない。世界はこんなにも広いのに、誰も自分に振り向いてくれないのだ。

しかし、ひとつだけその空虚な気持ちをすぐに満たせる方法がある。それが、売春ビジネスの現場なのである。

寂しさで気が狂いそうになっているのに、一から恋人を作るには時間がかかりすぎる。そんな簡単に恋人が見付かるはずもない。これは、男でも女でも同じだ。互いに相手が欲しいのに、すれ違ってうまく合わない。

しかし、売春ビジネスの現場では、相手が自分を抱きしめてくれる。男は金を払うことで、寂しさを埋められる。そして、女は金を受け取ることで、寂しさを埋められる。快楽のためではない売春の動機がここにある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事