◆「自分には無限の可能性がある」などと思わないで現実を直視して生きる

◆「自分には無限の可能性がある」などと思わないで現実を直視して生きる

生まれつき、平均よりも高度な知的能力を持っている子供たちがいて、これらの子供たちは欧米では「ギフテッド」と呼ばれている。この高度な知能は「天からの贈り物(ギフト)」という意識から来ている。

ギフテッド(天才児)がいるということは、逆に言えば平均的な子供たちもいれば平均よりも劣る子供たちもいるということでもある。

人間の能力は人によってまったく違っている。優れた部分も劣る部分も他人と自分はまったく違う。だから、自分の才能と限界がどこにあるのかを悟っておく必要がある。

しかし、実際は自分の能力を正しく見極めるのはとても困難である。

誰でも「自分には無限の可能性がある」と信じたい気持ちがある。「自分はやればできる」と思い込みたい。だから、「楽観的な方向」にバイアスがかかりやすい。

自分が自分を信じないと、やるせなくて生きていくこともできない。だから、どうしても大きな主観が入る。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事