◆多様化を受け入れた私たちは「自由を得る代わりに安定を失う」のだ

◆多様化を受け入れた私たちは「自由を得る代わりに安定を失う」のだ

日本もいよいよROE経営が当たり前の時代になっている。

この傾向は、すべての日本企業で起こる。終身雇用は事実上、消滅する動きであると言って過言ではない。(ダークネス:ROE経営と年功序列の中での能力主義はリストラのツールとして使われる?

今の会社を辞めて次の会社に勤めたとしても、すべての会社がリストラや非正規雇用を常態化させているのだから、その新しい会社でもまたリストラされる可能性がある。いや、そもそも一度リストラされたら二度と正社員になれない可能性すらもある。

組織にいても、それはかつてのように強固な結びつきではなくなる。必要がなくなればいつでも切れる結びつきだ。昔の強固な仲間意識は希薄になり、絆はいとも簡単に切れる。

そのため、組織にいながら「個人」の状態となる。

いつでも会社の都合で切られるのだから、もう組織に寄りかかることができない。誰にも頼ることができない。自分の面倒は自分で見なければならない。これは、言ってみれば「安定を失う動き」でもある。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事