CATEGORY タイ編

◆売春地帯を捨てようとしていた5年間は、私にとって壮大な時間の浪費だった

タイ編2019年を振り返って私が印象深かったのは、8月にタイの首都バンコクのスクンビットを久しぶりに訪ねて、そこがまだ相変わらず堕落と快楽にまみれた歓楽地として機能しているのを確認したときだ。 私は2011年あたりにはもう疲れ果てていて、旅人でいることをやめて長らくバンコクに訪れていなかった。しかし、私が行かなくなってもバンコクの歓楽地は相変わらず何も変わっていなかった。 「ああ、そうだった。これ […]

◆オープンバーのダーダ(2)。「タイ人のガールフレンドがいるの?」

ダーダは酔ってはいたが、他の女たちのように「夜に染まっていない」というのが興味深かった。多くの女たちは、大勢いる他の女たちよりも目立つために、どんどんファッションや化粧が厚く過激になっていく。 男にドリンクをおごってもらってバーの売上に貢献し、ペイバーしてもらわなければ、この世界では生きていけない。そのため、オープンバーの女たちも生き残りと生活のために必死になる。 ドリンク代を通して店に貢献できな […]

◆オープンバーのダーダ(1)。「あなたがおカネを持っているのは知ってる」

タイの首都バンコク「アラブ人街」から、人の波に揺られながらスクンビット通りを渡ってしばらく歩くと、ファランたちで混雑しているオープンバーがある。それを通り過ぎるとNEP(ナナ・エンターテーメント・プラザ)だ。ここはゴーゴーバーが集積した特別な一角である。 中に入ろうと思ったら、警察官が入口で関所みたいなものを作っていた。いつの間にこんなものができたのだろう。 私にしがみついてきたレディーボーイに「 […]

◆アフリカから来た女ウィニー(2)シャワーを拒絶する彼女の匂いの心地良さ

スクンビット界隈で最強に目立っていたのは、今ここで自信満々な表情で私を見つめて逃がさない女性であるのは間違いなかった。アフリカから来た彼女の肌はエボニーで、彼女もまたアフリカの女性特有の大きなヒップを持っている。

◆後味が悪すぎた別れ。「甘い言葉の過食」も人生に悪い?

タイ編 バンコクの売春地帯パッポンに沈没していた時、ゴーゴーバー『キングス・キャッスル』で、カモシカのように脚の長い痩身(スキニー)な女性がいた。名前は忘れてしまった。 それほど美人ではなかったが、彼女はとても人気があった。美しい女が他に山ほどいたのだが、それでも彼女の人気は大したものだったと思う。 ある時、彼女がバーで白人(ファラン)の客と楽しく談笑している中で、後からやってきた別のファランが彼 […]

◆売春する女たちと付き合うのは悪くないと私は考えている

売春ビジネスをする女性と付き合うというのは、人生の大きなマイナスになると言われている。それは一面の事実だから、彼女たちと付き合うなという忠告をする人がいたら、その言うことはよく聞いておいた方がいい。 まず、売春する女たちと付き合うと金がかかる。時には裏切られるかもしれない。彼女を通して悪い人間と知り合い、引きずり込まれる可能性もある。性病をうつされるかもしれない。治らない性病も世の中にはある。 売 […]

◆オープンバーでいきなり女性をクリニングスしたファラン

パタヤは、今やタイで最大の売春地帯と化した。そこではアルコールとセックスが満ち溢れ、多くの男たちが泥酔しながら女性に貪りつく。(ブラックアジア タイ〈パタヤ〉編) ところで、4月と言えばタイで狂気のお祭りがある。ソンクラーンと呼ばれるものだ。この時期のタイはパタヤにいても最悪の日々と化す。 どこにいても、歩いていたらいきなり大量の水をぶっかけられるのである。 道の真ん中を歩いていたら両側から水鉄砲 […]

◆タイでは、野良犬も素性の知れない旅行者も同じ扱いだった

日本では野良犬が街をさまよっている光景はほとんど見ないが、海外にいくと、タイには野良犬がうろうろしていて危険なこともある。 タイではバンコクにも路上で野良犬が寝ていることも多く、スクンビットではすっかり人気になった牛のような模様の犬が秘かに人気になったりしたこともあった。 可愛らしい犬ならそれはそれで街の風物になるのだが、中には明らかに皮膚病を持った犬や、身体中が汚れてうっかり目が合うと牙を剥き出 […]

◆白人が好きだと言って、やがてドイツ人と結婚したディラン

タイ編 断片的にしか思い出せない女性がいる。覚えていることのひとつひとつは鮮明なのだが、虫食いのように途中の記憶が消えていて、全体像がつかめない。 しかし、忘れがたい。 ディランという男性名を持つパッポンで知り合った「女性」は、まさにそんな想い出のひとつだった。 断片しか覚えていないが、その断片が強烈なので、その部分だけで永遠に忘れない。 人間の記憶とは本当に不思議なものだ。 何が記憶に残り、何が […]

◆パッポン。ベトナム戦争が作り上げたアジア最大の歓楽地

タイ編東南アジアきっての歓楽街、世界で名だたる売春地帯、アルコールと音楽、退廃とエイズ、美しい女と妖しいガトゥーイ(性転換者)の溢れた現代のソドム。 多くの男たちの人生を狂わせた街、それがバンコクの一角にある毒々しい不夜城「パッポン」である。 はじめてこの街に足を踏み入れたのは1986年春のことだった。当時はまだ道を埋め尽くす屋台などはなく、どこか殺伐とした匂いが漂う筋金入りの売春街だった。

◆破滅。欲望の街で死んでいった男たちの怨念が、身に染みた

タイ編 破滅するということはどういうことだろう。男がドラッグとセックスで破滅していくのは珍しいことではない。 ずっと夜の闇をさまよってきていると、普通の人よりも破滅していく男を間近に見ることができる。また、間接的にもよく破滅した男のことを見たり聞いたりする。 逮捕された人も多い。会社員、土木作業員、タクシーの運転手、教師、会社経営者……。 みんな夜の世界に関わったばかりに、坂道を転がり落ちるように […]

◆コ・サムイ。かつてドラッグとセックスの無法地帯だった島

タイ編 タイは世界に名だたる観光立国であり、訪れる観光客は増え続ける一方だ。 パタヤやプーケット島、サムイ島、ピピ島、パンガン島などはリゾート地としての設備を整えて、毎年押しかけてくる観光客の受け入れに余念がない。 多くの観光客が訪れてリゾートとしての設備が整うにしたがって、かつては不良外国人の溜まり場でもあったサムイ島などは急速に浄化されて、邪悪な雰囲気はひとつひとつ消されていったようだ。

◆理不尽に金を失う夜の街で、スリや強盗よりも危険なのは?

タイ編 バンコクのソイ・カウボーイに、バカラ( Baccara )という店がある。あまり好きではないが、たまに趣向を変えようと数年ぶりに行ってみた。 昔と変わらず、見上げると天井がガラス張りになっており、そこにスカートをはいたダンサーが踊っている。相変わらず日本人の姿も多く、この店は何も変わっていないことを知る。 男たちはビールを飲みながら時おり天井を見上げ、女性たちのスカートの奥をのぞいてニヤリ […]

◆「久しぶり」と声をかけてくれた女性を覚えていなかった

タイ編 真夜中だったが、派手な格好をした夜の女と、酔った男たちが大騒ぎしていた。相変わらず、バンコクはにぎやかだった。 ソイ・カウボーイを出て、スクンビット通りをふらふらと歩いていく。高架鉄道BTSのアソック駅ができてからだと思うが、この当たりにも女たちが立つようになったのは興味深い。 ロビンソン・デパートを少し過ぎたとき、道のわきに立っていた女が”Oh !!”(まあ!)と […]

◆小悪魔のワナ。数を撃てば当たる戦略からラブレター本まで

タイ編 パッポンのゴーゴーバー「キング・キャッスル」で、ある女性と意気投合したことがあった。情熱的で素晴らしい女性だった。一晩、彼女と一緒に過ごした。 しかし、やがて朝がやってきて彼女は帰らなければならない。意気投合した仲で、別れがとても名残惜しい。彼女は真剣な顔をして言う。 「今日もバーに来て。ペイバーして。あなたを待っています」 その気迫に飲まれて思わず了承する。もう一晩彼女と一緒にいてもいい […]

◆白昼夢。「普通の人間」になろうと努力していたときのこと

タイ編ときどき、自分の心が日本にないことに気がつくことがある。目を開けたままアジアの白昼夢を見ているのだ。 日本にいても、ふと見かけたアジアの女たちだけを見ている自分に気がつく。 真夜中には夜の街にアジアの女たちを見付け、なぜ日本にいてもこれほどまでアジアに関わってしまうのかと、ひとりになると思わず苦笑いをしてしまう。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会 […]

◆女の息づかい。目的はすでに失われ、ただ反復しているだけ

タイ編 カルカッタからバンコクに戻るとすでに夜になっていた。体調はあまりよくなかった。 インドではあまりにいろいろなことがありすぎて疲労が蓄積していた。カルカッタの安宿でベッドに横たわりながら、無理しないで休息を取ろうと思ったときだった。 不意にバンコクに戻りたいという気持ちになって、たまらずに戻ってきた。

◆狂気に憑かれたような目で、ゆっくり首を絞めてきたナーム

タイ編 この日、久しぶりにソイ・カウボーイを歩いていた。ソイ・カウボーイは面白いストリートだ。 バーの女性たちは店の入口で客を呼び込むのではなく、道を数人の女性で塞ぐように立ち尽くして、やって来る男に抱きついて来る。 女性から目を反らしていれば無理強いされることはない。しかし、目が合うと大変だ。数人の女性に抱きつかれた上に、無理やり店の中に引きずり込まれてしまう。

◆ブードゥーのパット。熱射病と、オープン・バーの人間模様

タイ編 シンガポールからバンコクに戻る日の朝、ひどく体調を崩して朦朧としていた。 身体はだるくて頭痛がする。以前、ニカラグアで熱射病にかかって3日3晩ベッドから起きあがれなかった時があった。症状はそれとよく似ていた。 しかし、もう航空券は取っていたので無理やり起きあがって空港に向かい、そのまま飛行機に乗り込んで何とかバンコクまでたどり着いた。

◆寂しがり屋のクーン。彼女が見つけたのはフェラチオの仕事

タイ編 「スター・オブ・ラヴ」というバーがある。バンコク・パッポンの中程に位置するあまり目立たない特殊なバーである。 このバーはゴーゴーバーではないので、半裸で踊り狂う女性はいない。待機する女性も5人前後である。 細長いカウンターと、擦り切れたような古いソファがあるだけで、耳をつんざくような音楽もない。しかも店は狭く、場末の雰囲気がぷんぷんと漂っている。 他のバーが派手で猥雑で混乱したエネルギーに […]

◆マイクズ・プレイス。緑の虹彩を持った女性とロシアの崩壊

タイ編 久しぶりにバンコクに降り立ってソイ3を歩きロシア女性を捜した。しかし、半年前にはあれほどいたロシア女性たちが、煙のように消えてしまっていた。 ロシア女性はいつしかタイに現れ、バンコクのソイ3ストリートを歩き回っては男を誘っていた。それから半年もしないうちに、もう事態は変わっていた。 白人の売春女性の存在はタイでは目立ち過ぎていた。人身売買マフィアが巣食っていた悪名高きリージェント・ホテルは […]

◆冷気茶室。男の天国、女の地獄と呼ばれた、バンコクの魔窟

タイ編 タイ・バンコクの中華街ヤワラーは「魔窟」と呼ばれるに相応しい場所だ。 迷路のように入り組んだ道にひしめく細々とした店、古ぼけて骨董品のようになった建物。金行・食堂・ペット屋・雑貨屋・米屋・葬儀屋が乱雑に、脈絡無く店を開いており、それぞれが強烈な臭いを発している場所。 ここには旅社と呼ばれる安宿も多く、昔は場末の売春宿も林立していたものだった。冷気茶室と呼ばれるものも、典型的な売春宿であった […]